PR

 米アルバワイヤレスネットワークスは現地時間の6月13日,米マイクロソフト(MS)の無線LANシステムに同社製品が採用されたことを発表した。世界60カ国以上,2万5000人のマイクロソフト社員が利用する大規模な無線LANシステムになる予定。アルバの無線LANスイッチを使って同社製無線LANアクセス・ポイント(AP)を合計約5000台管理する。全世界277戸のビルに展開し,無線LANのカバー・エリアは1700万平方フィート(157万9000平方メートル)以上にもなる壮大なシステムだ。

 今回導入した無線LANスイッチが搭載するOSは,新たに外部に設置したセキュリティ・アプライアンス製品などとの連携用API(application programming interface)を備えたもの。米サイゲート・テクノロジーズのセキュリティ関連製品などと組み合わせて運用できる。

 マイクロソフトは,今回のアルバ製品の採用決定以前からアルバの無線LANシステムを試験導入していた。今回の採用についてアルバは,「無線だけでなく,セキュリティなどを含めた総合的なソリューションが評価された」としている。

(大谷 晃司=日経コミュニケーション