PR

 1.7GHz帯での携帯電話事業の新規参入を目指すソフトバンクは7月26日,子会社のBBモバイルがW-CDMA(wideband-code division multiple access)とIEEE 802.11b方式の無線LANネットワーク間で,音声によるハンドオーバー実験に成功したと発表した。

 今回の実験は日本エリクソンが協力し,音声通話のハンドオーバーを実現。音声通話を続けながら,W-CDMAネットワークからVoIP(voice over IP)を利用する無線LANネットワークに切り替えた。無線LAN環境は,ソフトバンクBBの「Yahoo! BBモバイル」を利用している。

 BBモバイルはさいたま市で1.7GHz帯のW-CDMA実験を進めている。これまでにもカナダのノーテルの日本法人と共同で,HSDPA(high speed downlink packet access)によるデータ通信や,W-CDMAと無線LANのデータ通信のハンドオーバー実験を実施している。