PR
 
Q3ディストリビューションとは
 
 
 Linuxは、厳密にはカーネル(メモリー管理やタスク管理などOSの根幹部分)のみの部分であり、実用的なOS環境を構成するには、カーネルの“周辺”に付いて動作する、様々なソフトウエアが必要となります。そうしたソフトウエアを集めて、1つのOS環境としてまとめ上げて配布されているものが、「ディストリビューション」と呼ばれるパッケージです。

 OSのカーネルだけでは、一般的なユーザーにとっては使いようがありません。基本的には、カーネルはユーザーから見れば“裏方”で、ユーザーが直接操作するシェルやウィンドウシステム、各種のコマンドやユーティリティなどは、すべてカーネルの上で動作するプログラムであり、カーネルには含まれません。また、プログラムの開発や実行に使われるライブラリなども、カーネルとは別に用意する必要があります。

 こうした、カーネルのほかに必要なプログラム類としては、GNUプロジェクトで開発されたソフトウエア群がよく知られており、Linuxディストリビューションでもよく使われています。ユーザーが目にする「Linux環境」は、実際にはLinuxカーネルに、これら周辺ソフトウエア群を組み合わせて作られたものです。この組み合わせを実際に作成し、きちんと動くように設定などを整えたものが「ディストリビューション」であり、ディストリビューションを提供する業者が「ディストリビューター」と呼ばれます。  代表的なディストリビューターとしては、レッドハット(Red Hat)ターボリナックス(Turbolinux)ミラクル・リナックス(MIRACLE LINUX)などがあります。

 Linuxは無償で利用できますが、前述の通り、Linuxカーネルだけでは使いようがなく、現実には各種のディストリビューションを利用することになります。ディストリビューションも、多くはオープンソースの無償で利用可能なソフトウエアを組み合わせていますが、必要な場合には有償のソフトウエアを組み合わせる例もあります。代表的なものとしては、日本語環境を構築するために必要となる日本語フォントなどでは、有償のものが使われている例が多くなっています。これらは当然、無償配布というわけにはいきませんので、ディストリビューションとしても有償で販売されています。

 一方、OSを業務で利用する場合、「サポートが受けられるか」という点もユーザーにとっては大きな問題となります。理屈の上では、オープンソース・ソフトはソースコードが入手可能なのだから、何か不具合があった場合でもユーザーが自分で修正することが可能です。しかし、多くのユーザーにとって、それだけの技術力を保持し、かつ相応の手間をかけてOSの修正を行なうというのは、割に合わない作業です。自治体に目を転じてみれば、実際問題として、それだけの技術力を持っている組織は少ないでしょう。

 こうしたことから、ディストリビューターが提供するサポートサービスを利用するのが一般的になっています。現在ではLinuxも本格的なエンタープライズ用途に入り込みつつあり、ディストリビュータ各社も、サーバー向けディストリビューションに力を入れつつあります。そのためもあり、サポート料金を含むディストリビューションの価格は上昇する傾向にあります。また、ストリビューター各社も商用ソフト同様「サポート期間」を設けている場合が多く、期間切れ以降は、新バージョンに入れ替えるか、独自に保守を続けるかの選択を迫られることになります。

<関連リンク>
都田克郎『Linux博物誌』 第3回 「ビジネスの視点からみたLinux」
(BizTech Special「Linuxソリューション」)
エンタープライズにおけるLinux(2) “バブル”が終わり,安定期へ
(ITPro、2002年11月28日)<要会員登録>

 
LINE