昨年までコンピュータ業界向けの専門誌「日経システムプロバイダ」で、主に市場動向を取材していました。ある時、大手代理店の幹部が「今のコンピュータ営業担当者は質が落ちたなぁ」とこぼしたことが印象に残っています。

 その幹部がホストコンピュータを手がけていた20年以上前は、まだパッケージ・ソフトはほとんどないため、個別に開発するのが当たり前でした。当時は開発の委託を受けた企業の作業現場を何度も歩き回り、営業担当者が初期設計までこなしつつ利用者と深くかかわっていたといいます。しかし安価なパッケージ製品の提案が主体の今は、カタログ内容をうまく説明するだけの存在になりつつあります。

 この本音を聞いた時に、「ITコーディネータ」というプロジェクトの意味が分かった気がしました。製品が安くなるのは利用者にとって歓迎のはずですが、それに伴い利用者と営業の個々のきずなが薄まったことも事実。そのギャップに、利用者側が新たな対価を払わざるを得なくなっているのです。