サーバー負荷分散装置などを提供する米F5ネットワークスは,6月,フィンランドのノキアとグローバルに業務提携した。同時に,ノキアはF5に資本参加した。提携内容は,ノキアのインターネット機器部門であるノキア・インターネット・コミュニケーションズによるF5製品の販売/OEM供給。今後は,共同で技術開発も進める。

 ノキア・インターネット・コミュニケーションズは,主力製品であるファイアウォールやVPN(仮想プライベート・ネットワーク)機器と,F5の負荷分散装置などを組み合わせて,より可用性の高いシステム提供を目指す。ノキアはすでに高可用性を特徴としたVPN製品などを提供しているが,F5製品と組み合わせることで,さらに可用性を高めたシステムを提供できるようになるとしている。ノキアが大きなシェアを持つモバイル分野でも,コンテンツ配信ソリューションにF5のサーバー負荷分散装置などを組み込んでいく。セキュリティやモバイル関連の技術開発についても協力するとしている。
(Y.K)