次世代プロトコルのIPv6を現行版のIPv4と共存させたまま利用できるインターネット接続サービスが始まった。いわゆるIPv6/IPv4デュアル・スタック型の接続サービスで,11月1日,インターネットイニシアティブ(IIJ),電力会社系通信事業者のパワードコムが,それぞれ商用サービスとして開始した。ユーザーは,1本のアクセス回線だけでIPv4とIPv6の両方を利用できる。

 IIJの「IPv6/IPv4デュアルスタックサービス」は,エコノミー専用線を使って接続するサービス。ディジタルアクセス64/128/1500の3種類である。どの場合も,ユーザー1社に対して,約10の24乗(2の80乗)個のIPv6アドレスと6個のIPv4アドレスを割り当てる。1.5Mビット/秒のサービスの場合は,IPv4アドレスを14個という選択肢もある。料金は,IPv4のエコノミー型サービスと同程度で,例えば1.5Mビット/秒接続なら,IPv4アドレス6個の場合で月額11万7000円,14個の場合で月額16万7000円である(どちらもディジタルアクセスの料金は別途必要)。当初は,東京と札幌でサービスを提供する。

 一方,パワードコムの「Powered-IPv6ハイブリッドサービス」は,広域イーサネット接続「Powered-IP TTCNイーサネット」と「同イーサネットライト」の付加サービスとして提供される。割り当てるIPv6アドレスは,IIJと同様に,2の80乗個。付加サービスの料金は,月額9万7000円。イーサネット接続サービスの料金は別に必要になる。同社はハイブリッドサービスと同時に,IPv4ネットワークを介してIPv6パケットを中継するトンネリングサービスも開始した。トンネリングサービスは全国で,ハイブリッドサービスは当初は東京都内のみで提供する。(Y.K.)