富士通NTT情報流通プラットフォーム研究所は,Webサービスの構築/運用実験を開始する。新人歌手のファン・クラブ・サイトから,ECサービスや物流サービスなど複数のWebサービスを連携して呼び出せるようにする。一部のユーザーに参加してもらう試験サービスを,4月にも開始する計画だ。

 Webサービスとは,XML(拡張可能マークアップ言語)などの標準技術を利用し,インターネット上に散在しているさまざまなサービスをプラグ&プレイで利用可能にする仕組み。他社が提供するWebサービスを組み合わせて新たな付加価値サービスを構築する,自社が提供するWebサービスを他社に利用してもらうなどが可能になる。

 実験では,中川 晃教氏のファン・クラブ・サイトから,会員情報を管理する会員管理サービス,プロモーション・ビデオを提供する動画配信サービス,楽譜を販売するECサービス,宅配事業者と仲介する物流サービスなどを呼び出せるようにする。これらのWebサービスを連携して利用できるようにするため,実験システムではNTT情報流通プラットフォーム研究所の開発したミドルウエア「eCo-Flow」を使用する。

 eCo-Flowを利用すると,複数のWebサービスにまたがるようなトランザクション処理を実装可能になる。あるWebサービスの処理に失敗したら,それまで実行したWebサービスの処理をまとめてロール・バックする--といった制御をXMLベースのスクリプトで記述できる。

 両社は実験を通じ,次の3つを検証する考えだ。(1)性能面など,Webサービスを構築/運用するうえで課題となる技術的なポイントを検証すること,(2)実際のユーザーに利用してもらいながら,Webサービスの構築/運用にかかるコスト,および効果を検証すること,(3)Webサービス間で個別の接続条件や契約などを取り決めるためのビジネス・プロトコルを検証すること--である。(H.J.)