ニフティは8月5日,Windowsアプリケーションをストリーミング配信する有料サービス「Software on Demand」を開始した。@nifty会員などが利用できるサービスである。まず,PCゲーム・メーカーが結成した業界団体であるJCGA(日本コンピューターゲーム協会)と提携。Windows用のゲーム・ソフトを月額数百円から数千円で提供する。今後は教育ソフトやビジネス・ソフトの配信も予定する。

 ユーザーは,いくつかのブロックに分けたアプリケーションの実行イメージを,専用のクライアント・ソフトで受信し,利用する。実行イメージを必要な部分から段階的に受信するので,全ブロックの受信を完了していなくても,アプリケーションを実行できる。いったんダウンロードしたブロックは,クライアント側に暗号化された状態で保存される。

 アプリケーションを利用するには,起動のたびに@niftyの認証を受ける必要がある。このため,アプリケーションを勝手に使用することはできない。アプリケーションの提供事業者側から見れば,不正コピーや中古販売の防止につながる。

 当初配信するのは,日本ファルコムの「Ys I 完全版」(月額600円),システムソフト・アルファの「大戦略VII」(月額1000円)といった往年のPCゲーム9タイトル。今後は,「期間限定で配信した新作ゲームを@niftyから直販するなどの展開も検討したい」(インターレックス 雄図グループ 社長でCEOの佐藤 健次氏)。

 対応OSは,Windows95/98/Meのみ。Windows2000/XPには2002年秋に対応する予定。システム構築には,富士通が2002年6月に販売を開始したアプリケーション配信基盤「AppFly」を利用した。(H.J.)