日本ラショナルソフトウェアは9月11日,Javaと.NETに対応したモデリング・ツールの新製品「Rational XDE v2002」を発表した。出荷は9月13日。UML(統一モデリング言語)に基づくモデリング・ツールで,記述したモデルから,JavaやC#,Visual Basic .NETなどのソース・コードを自動生成する機能を持つ。ソース・コードを修正すると,UMLモデルが自動変更される。ユーザーはコードを意識せずにモデルを中心にシステム開発を進められる。

 UMLは,システムやアプリケーションの設計図(モデル)の表記法。例えばソフトウエアの構造を,ソース・コードよりも単純化した形で表現するための言語である。XDEは,そのモデルを作成するためのツール。作成したモデルから,JavaやC#,Visual Basic .NETなどのソース・コードへの落とし込み作業を自動化し,開発生産性を高めることができる。

 Rational XDE v2002は,開発環境として,日本IBMの「WebSphere Studio Application Developer」(WSAD)およびマイクロソフトの「Visual Studio.NET」(VS.NET)に対応する。インストールすると,これら開発ツールの一機能として動作する。メニューやユーザー・インタフェースはWSADやVS.NETの仕様に準拠しているため,操作感はWSADやVS.NETと同等である。

 製品には4つのタイプがある。(1)WSAD対応の「Rational XDE Professional Java Platform Edition」,(2)VS.NET対応の「Rational XDE Professional Microsoft .NET Edition」,(3)(1)と(2)を同こんした「Rational XDE Professional Plus」,(4)ソース・コード自動生成機能を除いた設計者向けの「Rational XDE Modeler」--である。価格は,Rational XDE Professional Java Platform EditionおよびRational XDE Professional Microsoft .NET Editionが50万4000円,Rational XDE Professional Plusが70万8000円,Rational XDE Modelerが26万4000円である。(A.Y.)