NTT東日本は9月30日,HiSWANa(高速無線アクセス・ネットワーク タイプa)準拠の無線LANシステム「WL-36」を発売した。HiSWANaは,電波産業会(ARIB)で標準規格として定められた無線LAN技術。5.2GHz帯を使う無線通信方式で,最高36Mビット/秒の伝送速度を実現できる。HiSWANaの無線LANシステムは,無線LANインターネット接続の試験サービスなど一部で使用されていたが,一般に販売されるのは初めてだという。

 WL-36には,最高36Mビット/秒という伝送速度のほかにも特徴がある。ユーザー認証や無線部分でのデータ暗号化,帯域制御といった機能を標準で搭載している点である。現状で主流になっているIEEE(米国電気電子技術者協会)802.11bとの大きな違いだ。例えば,WL-36の無線LANカードにユーザーID,パスワードを登録しておけば,アクセス・ポイント利用時のユーザー認証を実現できる。無線の暗号化にはDESを使い,認証のたびにカギを変える仕組みも備える。DESそのものは,必ずしも強固な暗号化アルゴリズムとはいえないが,カギを定期的に変えることでセキュリティを向上させられる。

 そのほか,アクセス・ポイントであるWL-36-APには,無線LANクライアントごとに使用する帯域を制御する機能がある。1台のアクセス・ポイントには50台まで無線クライアントが接続可能。HiSWANaの電波状況を調べるためのツール「レベルチェッカー」を同こんする。価格は,アクセス・ポイントWL-35-APが14万円,無線LANカードが3万8000円である。(T.F.)