トレンドマイクロは9月26日,個人向けアンチウイルス・ソフトの新版「ウイルスバスター2003リアルセキュリティ」を発表した。11月1日から出荷する。「無線LANセキュリティモード」と呼ぶ新機能を加えたほか,パーソナル・ファイアウォールの機能強化も図った。価格はシングル・ユーザー版が8500円,2ユーザー版が1万2800円など。インターネット経由でのダウンロード販売も実施する。

 無線LANセキュリティモードは,ホットスポットなどを意識した機能で,ほかのパソコンからの一切のアクセスを遮断できる。ホットスポットなどでは,同一のアクセス・ポイントを利用しているユーザーは,お互いのパソコンにアクセスできてしまう場合が多い。同時に,あらゆるユーザーが無線LANのアクセス・ポイントに自由に接続できる。このため,不用意にWindowsのファイル共有機能などを設定しておくと,第三者にプライバシを侵害されかねない。そこで新版では,無線LANファイル共有など,外部からの不正アクセスを受けそうなサービスを,1回のクリック操作ですべて停止,あるいは無効化させる機能を追加した。オフィスや自宅に戻って設定を元に戻すときには,もう一度同じアイコンをクリックする必要がある。ちなみに,無線LANセキュリティモードは,有線のイーサネットなど無線LAN以外の環境でも利用できる。

 パーソナル・ファイアウォール機能では,アプリケーションの種類を示すポート番号ごとにアクセスを制限できるようにした。例えば,原則としてすべてのポートを禁止するが,ネットワーク・ゲームなどが利用するポートは許可するといった設定ができる。従来版では,高・中・低という3種類のセキュリティ・レベルを選べるだけで,ポート番号ごとのアクセス制限はできなかった。

 パソコンから外部へのアクセスも制限できるようにした。従来版では,パソコンから外部へのアクセスはすべて許可していたが,新版では,あて先ポート番号の値に応じて許可または遮断できる。具体的には,未登録のポート番号へのアクセスなら警告を表示し,そのアクセスを禁止するか許可するかをユーザーに選ばせる。WebやFTP,メールといった一般的なサーバーへのアクセスに使うポート番号はあらかじめ登録してあり,標準で許可する設定になっている。アクセス制限するときに,パソコン上のアプリケーションの種類は調べない。例えばWebアクセス用の80番ポートの利用を許可すれば,どのアプリケーションも80番ポートを使って外部にアクセスできるようになる。パソコンに感染したウイルスが80番ポートを使って攻撃を仕掛けたときには,その攻撃は遮断できない。(K.A.)