日本IBMは,データベース管理システムの新バージョン「DB2 ユニバーサル・データベース V8.1(以下,DB2 8.1)」を11月21日に出荷開始する。以前から指摘されていた管理機構の弱さや管理のしづらさを補うため,新たにデータベース管理システムが自らを監視/管理する自律型の管理機構を搭載した。

 搭載された新たな管理機構は,「SMART(自律的な管理と資源調整)マネジメント」と呼ぶ。SMARTマネジメントには,(1)データベース・システムに致命的な障害が発生する前に電子メールやポケット・ベルなどを通じて管理者に通知する「ヘルス・センター」,(2)簡単な質問に答えるだけでチューニング・パラメータを最適化してくれる「構成アドバイザー」などが含まれる。

 例えば,ヘルス・センターを使うと,テーブルを格納する論理パーティションや,メモリーなどの空き容量が少なくなってくると,障害が発生する前に警告を送ってくれる。単に警告を送るだけではなく,あらかじめ管理者が設定しておいたタスクに従って,テーブル用の論理パーティションを拡張したり,キャッシュ領域を調整してメモリーを解放したりすることも可能である。

 米IBMは数年前から「オートノミック(自律型)コンピューティング」と呼ぶ研究を進めている。管理コストの削減や,スキル・レベルの低い管理者でも安全に管理できるシステム基盤の構築を目指している。DB2 8.1に搭載されたSMARTマネジメント機構は,その研究成果の1つである。

 また,DB2 8.1では,外部システムとの連携機能も強化している。新たにWebサービス・システムを呼び出す機能を搭載した。これにより例えば,DB2 8.1に送られてきたSQL文に基づき,外部にある複数のWebサービス・システムを呼び出して結果を取得し,DB2 8.1がSQLの結果セットに合成/変換して返す--といった処理を実現できる。前バージョンでサポートされた既存のデータベースをWebサービス化する機能も,引き続きサポートしている。

 DB2 8.1の価格は,構成によってさまざま。最小構成の場合,パーソナル版は5万2700円,ワークグループ・サーバー版は1サーバーあたり14万2300円など。ユーザー数が無制限の場合,ワークグループ・サーバー版は114万6300円,エンタープライズ版は304万6000円となる。稼働OSは,Windows 95/98/Me/NT/2000/XP,Linux,AIX,Solaris,hp-uxである。(H.J.)