理経は,1日単位あるいは1週間単位で利用できる無線LANアクセス・サービス「BizPortal」を11月26日に開始する。無線LANの方式はIEEE(米国電気電子技術者協会)802.11b,伝送速度は11Mビット/秒である。利用する際に利用したい期間分の料金を,現金かクレジット・カードで支払う。サービスを利用できるのは,新宿のホテルやオフィス・ビル内である。無線LANを利用する際に,ネットワーク設定の変更が必要ないのが特徴である。また,米エレクトリック・フォー・イメージングが提供するプリント・アウト・サービスも提供する。

 BizPortalの料金は,1日または1週間使えるユーザーIDとパスワードを購入するというイメージである。事前登録は不要である。サービスが利用できる場所にある窓口でID/パスワードを記載したスクラッチ・カードを買う,あるいは,Webサイトから,クレジット・カードを使ってID/パスワードを購入する。利用期間内であれば,どのサービス・エリアでも利用できる。利用料金は,1日500円,1週間1000円。Webブラウザを起動すると,強制的に認証画面が送信,表示され,そこにID/パスワードを入力する。

 このサービスの特徴として,ユーザーがネットワーク設定を変更せずに通信できる点が挙げられる。多くの無線LANアクセス・サービスでは,PCのネットワーク設定を,DHCPを利用するようにしなければ接続できなかった。BizPortalでは,固定IPアドレスを使う設定のままでも接続できる。米ノマディックスの無線LAN向けゲートウエイ専用機「HSG-25」が,IPアドレスの違いを吸収する。無線LANクライアントがどのIPアドレスを使ってパケットを送信しても,HSG-25まで届くようになっている。HSG-25がIP[アドレスを変換し,外部のネットワークとのパケットのやりとりを中継する。

 プリント・アウト・サービスを利用すれば,外出先でもファイルを印刷できる。理経が設けるポータル・サイトに,ブラウザを使って印刷したいファイルを送信し,「PrintMe ステーション」と呼ばれる専用端末のところで印刷する。別途料金がかかる。サービスの提供は2003年1月以降になる予定である。

 BizPortalを利用できるのは,新宿アイランドタワー,新宿野村ビル,新宿ワシントンホテル,センチュリーハイアット東京のロビーやラウンジなど。今年度内に20カ所まで増やすという。PrintMe ステーションは,センチュリーハイアット東京と新宿ワシントンホテルに設置することを予定している。(T.F.)