2003年3月以降,単一県内など特定の地域内だけを対象にサービスを提供するISP(以下,地域ISP)のユーザーがIP電話で通話できるようになる。地域ISP22社が参加するNPO法人「地域間高速化ネットワーク機構」(以下,IXO)とフュージョン・コミュニケーションズが提携。地域ISP向けのIP電話サービス「FUSION IP-Phone for IXO」を3月から開始する。IXOには22のISPが加盟し,会員数は合計50万だが,現時点ではそのうち6~7社が3月以降順次サービスを開始する予定。同サービスを導入した地域ISPのユーザーは,相手が異なるISPであってもIP電話で通話できる。地域ISPのユーザーが一般の加入電話のユーザーに発信することも可能である。

 フュージョン・コミュニケーションのネットワークと地域ISPのネットワークを接続。IP電話サービスを利用する地域ISPのユーザーに,フュージョン・コミュニケーションズが取得した「050」で始まる11ケタの電話番号を付与する。IP電話サービスを利用できるのは,NTT地域会社のフレッツ・ADSLを使ってインターネットに接続しているユーザー。また,各地域ISPがレンタルする,IP電話のアダプタを内蔵した専用のADSLモデムが必要となる。現在NTT地域会社がレンタルまたは販売しているADSLモデムは利用できないため,返却のうえIP電話対応のモデムを新たにレンタルすることになる。

 通話料金は,地域ISPのユーザー同士,および地域ISPとBIGLOBEで提供中の「FUSION IP-PHONE for BIGLOBE」のユーザーとの間は無料。ただし,フュージョン・コミュニケーションズのネットワークを使わない,その他のIP電話サービスとは通話できない。IP電話から一般加入電話への発信は可能で,料金は3分8円である。サービス開始当初は,一般電話のユーザーからの着信はできないが,2003年夏ごろ実現する予定だ。なお,サービス開始に先駆けて,IXOに加盟している群馬インターネットで,2月1日から1カ月間,モニター・サービスを実施する予定である。(Y.Y.)