NECは2月18日,Webサイトでのアンケートの実施・集計機能と,その結果を基にした“オプトイン・メール”の配信機能を備えるシステム「ACTIVECR eマーケティングパック」を出荷した。オプトイン・メールは,ユーザーの性別や年齢,好みなどに合わせてメールの内容をパーソナライズして配信するもの。ACTIVECR eマーケティングパックを使うと,Webサイトで実施したアンケートを基に,そのユーザーに適したキャンペーン・メールなどを配信できるようになる。

 ACTIVECR eマーケティングパックは,Webサイトでアンケートを実施・集計するためのソフト「ACTIVECR」(NEC製)と,オプトイン・メール配信ソフトの「HDE Customer Care」(ホライズン・デジタル・エンタープライズ製)を,LinuxベースのPCサーバーにプリインストールしたオールインワン製品。中小企業や部署単位でも,比較的短期間で手軽に導入できるようにした。

 ACTIVECRとHDE Customer Careの間で,アンケート結果などを交換する機能を付加した。ACTIVECRで実施したアンケート結果は,HDE Customer Careの顧客データベースの属性データとして取り込み,HDE Customer Careでオプトイン・メールを配信する際に利用できる。例えば,アンケートで特定の製品に興味を示したユーザーに対してだけ,その製品の割引キャンペーンの内容をメールに埋め込める。HDE Customer Careは,メールにサイトのURLを埋め込み,そのURLにどのユーザーがアクセスしたかを集計する機能があるが,この集計結果をACTIVECRに引き渡して,Webアンケートの結果と統合することもできる。HDE Customer Careは,URLにアクセスしたユーザーを識別するため,URLのパラメータとしてユーザーIDを指定してメールに埋め込む。

 ACTIVECRは,Webアンケートを作成するための専用ツールを備える。質問文や回答方法(Yes/No形式や選択式)などを入力すると,自動的にWebアンケートのためのWebページが生成される。アンケート・ページは,PC向けや携帯電話向け,PDA向けのものを生成できる。

 価格は,最大1万ユーザーまで登録できる製品が760万円,10万ユーザーまでが840万円など。(K.A.)