ジャストシステムは,企業や教育機関向けのオンライン・ストレージ・サービス「InternetDisk ASP」を2003年4月15日から開始する。インターネット上に用意されたオンライン・ストレージを利用して,個人や組織間におけるデータの共有や受け渡しを可能にするASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)サービスである。

 今回のサービスは,同社が2001年2月から展開している個人向けのオンライン・ストレージ・サービス「InternetDisk」(有料化は2002年6月から)の企業版である。企業向けとしてInternetDisk ASPには,InternetDiskにない機能が追加されている。複数のユーザー間でデータを共有できる共有フォルダの機能や,アカウントの登録・削除といった共同作業に役立つ機能である。共有フォルダが利用できるため,企業の部や課,プロジェクトといった単位ごとに情報を共有するといったことが可能になる。

 Webブラウザや専用アプリケーションでファイルを管理する。専用アプリケーションには,多数のファイルを同時にオンライン・ストレージにバックアップする「InternetDiskマネージャASP」や,デスクトップ・マシン上のファイルとオンライン・ストレージ上のファイルの間で同期をとる「InternetDisk同期ツール」などがある。データのやり取りはSSL(セキュア・ソケット・レイヤー)で暗号化してセキュリティを確保している。

 料金は,一般企業向けの「Corporate Edition」が月額2700円から,学校・教育機関向けの「Academic Edition」および官公庁・自治体向けの「Government Edition」が月額1500円から(いずれも10ユーザーでディスク・スペースが100Mバイト)。(H.O.)