シマンテックは,電子メールによるウイルス感染を防ぐためのゲートウエイ製品の新版「Symantec AntiVirus for SMTP Gateways 3.1」を4月25日から販売する。新たに,受け取ったメールがスパム・メールかどうかを判定する独自のエンジンを搭載。スパム・メールらしいと判定したメールには,フィルタリングするのではなく,あらかじめ指定した「SPAM」などという文字列,つまりタグをサブジェクトに追加する。

 Symantec AntiVirus for SMTP Gatewaysは,インターネットから来たメールを受け取るSMTPゲートウエイとして利用するソフトウエア。メールに含まれているウイルスを駆除したり,メールの件名や添付ファイル名を基にウイルス・メールやスパム・メールをフィルタリングしたりできる。スパム・メール対策としては,ブラック・リストやホワイト・リストを作成して,メールを送受信するアドレスやサーバーを指定する機能などがある。

 新たに搭載したスパム・メール対策機能では,シマンテックが独自に開発したエンジンが複数のルールを組み合わせて,スパム・メールである可能性を判断する。可能性が高いメールについては,サブジェクトに,管理者が指定した文字列を挿入し,ユーザーあてにそのまま配送する。

 これまで主流であったスパム・メール対策では,よくある語句を使ってメールをフィルタリングしていた。しかし,スパム・メールでないメールまでフィルタされてしまい,ユーザーのもとまで届かない可能性があった。Symantec AntiVirus for SMTP Gatewaysでは,スパムである可能性を判定し,サブジェクトを変更するだけである。あとは,そのサブジェクトを使って,ユーザー自身がスパム・メールを処理する。たとえばフィルタリング・ツールを使って削除したり,一時的にあるフォルダに自動的に振り分けるようにしておくといったこともできる。

 価格は,10~24クライアントなら,1クライアントあたり6500円。対応するOSは,Windows NT/2000,Solaris7/8である。(T.F.)