武富士は4月14日,赤外線機能付きの携帯電話をクレジット・カードの代わりとして使えるサービスを始めた。同社に加盟する約3000店舗で利用できる。携帯電話にクレジット・カードの番号と有効期限を記憶させておき,買い物のときに店舗の決済用端末に赤外線でカード情報を送る。同社では,携帯の赤外線機能を使ったクレジット決済サービスの実用化は国内初としている。

 サービスの提供対象は,NTTドコモの504iシリーズを所有する同社のクレジット・カード「TAKE BIG SEVEN Mastercard」の会員。追加料金は不要。会員は携帯電話で武富士のWebサイトにアクセスして利用登録し,カード番号と有効期限を埋め込んだiアプリをダウンロードする。iアプリの初回起動時には,カード番号と携帯電話番号の入力が求められるとともに,武富士のオペレータが電話により本人確認を行う。店舗での利用時には,暗証番号入力が必要。
(Y.Y.)