NTTは5月7日,個人ポータル作成ツール「KiriBariWeb」(キリバリウェブ)を開発したと発表した。5月8日から同ツールを無料で試用できる試験サイト「サイバートライアル」を開設。6カ月間サービスを提供する。

 KiriBariWebは,Javaで開発した,Webブラウザ上で動作するツール。NTTサイバーソリューション研究所の「Webページカスタマイズ技術」を利用している。インターネット上のさまざまなWebページから必要な部分だけを切り出し,それらを1つのWebページに張り付けることが可能。これにより,個々のユーザーが自由に使いやすいポータル・ページを手軽に作ることができる。

 サイバートライアルでKiriBariWebを利用するには,メール・アドレスを登録する必要がある。その後,贈られてきたIDとパスワードを使ってログインするとKiriBariWebが立ち上がる。KiriBariWebの操作手順は以下の通り。まずWebサイトのURLを指定すると,別ウインドウ上でそのページが表示される,そこで切り取りたい部分を指定すると,KiriBariWebの画面上にその部分が張り付けられる。切り出した部分はマウスで自由に動かしてレイアウトを変更できる。切り出し元のページが更新されると,KiriBariWebで作成したポータル・ページの情報も自動的に更新される。利用するにはInternet Expolorer6.0(Windows版)が必要。

 NTTでは,試験サービスを通じ,利用者の意見を基に有効性や信頼性を検証する。商用化は未定だが,NTTでは「たとえば企業内ではEIP(企業内ポータル)構築ツールとして,教育現場では教材作成ツールとしての利用が見込める」と考えており,今後さまざまな面から実用化の方向性を探っていく。(H.O.)