NECシステムテクノロジーは5月12日,アプリケーション開発フレームワーク「OpenMeisterEnterprise .NET システム基盤」を発表,出荷を開始した。マイクロソフトのアプリケーション開発基盤「.NET Framework」上で動作する。これを使うことで,システム開発期間の短縮などを実現できる。

 OpenMeisterEnterprise .NET システム基盤は,.NETでシステムを構築するうえで,利用することの多い機能をソフト部品化して提供する。ソフト部品としては,データベース接続,認証,ログ出力,エラー処理などがある。このほか,検索,一覧表示,マスター・データベースの更新などのアプリケーションのテンプレートも用意している。これらを使ってアプリケーションを開発すれば,機能をいちから作るよりもシステム開発期間を短くできる。また,開発者ごとに,同じ機能を異なる方法で記述してしまうことなどを防げる。これにより,アプリケーションの品質を均一化することが可能である。

 OpenMeisterEnterprise .NET システム基盤と同時に,「OpenMeisterEnterprise .NET ナレッジナビ」も出荷する。これは,OpenMeisterEnterpriseを使ったシステム開発のノウハウを提供するドキュメントである。開発方法論や変数などの命名規則,コーディング規約,.NETのクラスの使い方,サンプル・コードなどで構成する。

 価格は,OpenMeisterEnterprise .NET システム基盤が39万8000円/CPU(1開発ライセンスを含む)から。同ナレッジナビは130万円/プロジェクトから。(A.Y.)