米マイクロソフトは米国時間で6月16日,Webアプリケーションの開発支援ツールである「ASP.NET Web Matrix」の新バージョンを公開した。新バージョンは,対応データベースの種類を充実させるなどの強化を図ってある。また,新たに電子購買や掲示板といった多彩なWebアプリのひな形(テンプレート)を集めた「ASP .NET Starter Kits」の配布も開始した。これらを利用すれば,ASP.NET環境で稼働するWebアプリを手軽に開発できるようになる。

 Web Matrixは,ページのデザインを含め,ASP.NETアプリを簡単な操作で設計・開発できるようにするツールで,1年前から無償配布されてきた。新バージョンでは,ユーザーのコミュニティから寄せられた要望に応えていくつかの機能を拡張した。まず,対応するデータベースが増えた。従来サポートしていた「SQL Server」や「MSDE(マイクロソフト・データベース・エンジン)」に加え,小規模システム向けの「Access」(.mdbファイル)に対応した。また,プログラミング言語として,従来の「Visual Basic」「C#」に加えて「J#」も使えるようになった。

 新たに提供されることになったASP.NET Starter Kitsは,サイト構築時のひな形になるサンプルを集めたもの。具体的には,次の5つを含む。すなわち,(1)プロジェクトの進捗管理,(2)経営情報などの分析表示,(3)コミュニティ向けの掲示板,(4)電子商取引(EC)用の受注管理,(5)分散データを一元化したポータル,のサンプル・プログラムである。(H.J.)