野村総合研究所は7月8日,オープン・ソースのJava統合開発環境である「eclipse」に関する社内用マニュアルや利用ガイドなどの資料を無償で公開した。同社のJava向け開発フレームワーク「オブジェクトワークス」のWebページ(http://works.nri.co.jpからダウンロードできる。これらのドキュメントを利用すれば,(1)eclipseのインストールや設定方法,(2)サンプルを使ったアプリケーションの開発方法,(3)アプリケーション・サーバーと連携させて実行,デバッグする方法--を一通り学習できる。同社は,社内ノウハウを公開することで,オープン・ソースの発展に貢献したいとしている。

 今回公開するのは「eclipse」を使ってWebアプリケーションを開発するための一般的な利用ガイドおよびノウハウ集と,同社が販売する開発フレームワーク「オブジェクトワークス」とeclipseを連携して使うための利用ガイドである。今後,オープン・ソースのバージョン管理ソフト「CVS」などのドキュメントについては順次公開していく予定だ。(A.Y.)