DDIポケットは,定額制PHSサービス「Air H”」を利用する企業ユーザー向けサービス「H”VirtualOffice」を強化する。これまでもグループウエアなどのWebアプリを提供していたが,新たに,VPN(仮想プライベート・ネットワーク)を使って社内ネットにアクセスするシステムをアウトソースとして受注するメニューを,7月16日に追加した。複数のインテグレータと提携して提供するが,ユーザーからは申し込み窓口や料金請求元がDDIポケットに一元化されるメリットがある。料金も割安に設定した。さらに企業・個人向けに,NTTコミュニケーションズの無線LAN接続サービス「ホットスポット」の1日利用IDを発行するサービスも提供する。

 社内ネットにVPNを使ってアクセスするメニューは3つ用意している。1番目の「セキュアVPNパッケージ」は,セコムトラストネットのインターネットVPNサービスと連携して提供する。シスコシステムズのVPN装置「Cisco VPN3000」をレンタルするほか,VPN接続時に認証するためのディジタル証明書をアラジンジャパンのUSBトークン「e-Token」に格納して提供する。VPN装置の動作監視や,ログの収集,アクセス制御の設定,ディジタル証明書の更新などの運用作業は,セコムトラストネットが代行する。料金は50ユーザーで初期費用が70万円,月額25万円である。

 2つめの「モバイルVPNパック」はネットマークスと提携して提供する。シスコのVPN装置とRSAセキュリティのSecurIDのトークンをレンタルする。ネットマークスがこれらの機器の設定や運用を代行するほか,認証サーバーであるACE/ServerをASPとして提供。24時間365日対応のヘルプデスク・サービスも用意。10ユーザー以上で利用でき,その場合初期費用が25万円で,月額料金が8万1000円である。

 3つめの「Virtual Office Server サービス」は,ネットワールドの「Virtual Offive Server」を利用してSSL-VPNを実現するサービス・メニュー。Virtual Offive Serverはシトリックス・システムズ・ジャパンの「MetaFrame XP」を搭載したアプライアンスである。ただし,このメニューでは運用は代行しない。料金は初期費用のみで,同時アクセス5ユーザー版が200万円から。ネットワールドから別途購入する場合の260万円よりも安い。

 さらに,NTTコミュニケーションズとも提携,「ホットスポット」の一時利用サービスも提供する。NTTコムでは,従来からホットスポットを1日だけ利用できるプリペイド・カードを販売していたが,販売場所が近くになければ利用できない。H”Virtual Officeでは,Air H”のWebサイトから1日だけ有効なIDをすぐに発行することで,その問題を解決した。料金はプリペイド・カードと同じ,1日500円である。

 そのほかに営業担当者向けに,営業日誌や顧客管理のASPサービス「顧客創造日報・顧客深耕日報」を,1ユーザーあたり月額3500円で提供する。(T.F.)