シマンテックは,アンチウイルス・ソフトウエア「Norton AntiVirus2004」を10月17日に発売する。価格は6800円。スパイウエアの検出やインスタント・メッセージ経由でのウイルス感染防止を可能にした。スパイウエアとは,PC上でWebサイトの閲覧状況などを収集するソフトウエアのこと。そのほかに,画面上に強制的に広告を表示する「アドウエア」や,勝手に外部に電話をかける「ダイヤラ」なども検出できる。

 また,「Norton Internet Security2004」の新版も同時に発売する。価格は9800円である。この製品はNorton AntiVirus2004に,パーソナル・ファイアウォール「Norton Personal Firewall2004」を同こんしたもの。今回から,スパム・メール対策ソフト「Norton AntiSpam」も追加した。

 Personal Firewall2004では,新たに,ネットワーク接続する回線や場所などに対応したポリシーを設定し,自動的に適用できるようになった。たとえば,社内に無線LANで接続した場合のポリシー,また外出先でダイヤルアップした場合のポリシーなどである。また,AntiSpamは,シマンテックが配布するパターン・ファイルを基に,メールを自動的にフィルタリングする。ユーザーが自分でフィルタリング・ルールを設定することもできる。マイクロソフトのOutlook,Outlook Express,エッジが販売する「Eudora」といったメール・クライアントを利用している場合は,「Norton AntiSpamフォルダ」を自動作成し,そこにスパム・メールを自動的に移動する。また,送信するメールのあて先や内容を解析し,どのようなあて先,内容ならスパム・メールでないかを,学習する機能もある。

 そのほか,各製品に,ハード・ディスク上のデータを完全消去するツール「Wipe Info」や,Webページ閲覧履歴やクッキー情報などを簡単に削除できる「Webクリーンアップ」を加えたProfessional版を12月に発売する予定である。Internet Security2004に,パスワード管理ツールやデータ復旧ツールを同こんした「Norton SystemWorks2004」も10月17日に発売する。(T.F.)