日本通信は12月10日,プリペイド方式の定額PHSデータ通信サービス「U100シリーズ」のユーザーが,無線LANスポットも使い放題で利用できるようにサービスを拡大した。

 U100シリーズでは,DDIポケットのPHS網を利用した,MVNO(仮想移動通信事業者)として定額制サービスを提供。従来提携事業者の無線LANスポットを使う場合は,例えば無線LANを1日利用するとPHSの利用期間が2日間減少するといった「ネットワーク等価交換方式」により,無線LANが使えるサービスを提供してきた。 今回のサービス内容改訂で,無線LANスポットを利用しても,利用期間の相殺は発生せず,無線LANが使い放題となる。

 利用可能な無線LANスポットは,11月末時点で全国2264カ所。12月末には3000カ所以上まで増加する見込み。 無線LANスポットの利用には,PHS・無線LAN切替ソフト「bモバイルWiFi」をダウンロードする必要がある。このソフトを使えば,日本通信と提携する無線LANスポットの提供事業者ごとに異なるESS-ID(拡張サービス・セットID)やWEP(有線同等プライバシ)キー,ユーザーID,パスワードなどの設定を個別に行うことなく,無線LANとPHSを切り替えられる。(H.O.)