98年9月23日,米国発

カナダのCerticom社は,米CyberCash社がCerticom社の暗号技術であるSSL(Secure Sockets Layer) Plusツールキットを採用することになったと発表した。SSL Plusツールキットは,Certicom社が98年7月に買収したConsensus Development社の開発した技術で,一般のWebブラウザ,ホーム・バンキング,携帯端末,メインフレームなど幅広い製品に利用できる。CyberCash社は自社の電子決済システムのセキュリティを強化するために利用する。(元資料