1998年6月1日日本シスコシステムズはファイアウォール製品「Cisco PIX Firewall」の新モデルと,同社ファイアウォール製品とルータ製品への「IPSec」対応を発表した。

 今回発表したモデルは,エンタープライズ向け製品のCisco PIX Firewall PIX510とPIX520の2モデル。PIX510はPIX,PIX520はPIX10000の後継機種になる。スペックはPIX510がPentium 166MHzでRAMが16Mバイト,PIX520がPentium 233MHzでRAMが32Mバイト。

 IPSecの対応については,Cisco PIX Firewall用にIPSecカードを提供する。このIPSecカードには,Windows95/NT用IPSecクライアント・ソフトウェアが付属。IPSecカードの購入によりファイアウォールとWindows 95/NTクライアント間でのVPN(Virtual Private Network)環境の構築が可能となる。

 ルータ製品では,シスコ製品の共通プラットフォームであるCisco IOSのリリース 11.3(3)TからIPSecをサポートする。

 Cisco PIX Firewallの希望小売価格はPIX510が81万9000円,PIX520は106万5000円で,6月から出荷開始。同製品は伊藤忠テクノサイエンスソフトバンクネットワンシステムズなどの販売店を通じて販売される。

(勝村 幸博=katsumur@nikkeibp.co.jp)