トレンドマイクロは2000年7月11日,サービス・プロバイダ13社と提携し,ウイルス対策のアウトソーシング・サービスを本格的に展開することを発表した。ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)やASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)などが提供するアウトソーシング・サービスでのウイルス対策サービスを提供する。トレンドマイクロは,これまでピーエスアイネットのメール・サービスのウイルス対策を受け持つなど,一部のプロバイダ向けにアウトソーシング・サービスを提供していた。

トレンドマイクロでは,「IOS(Internet Outsourcing Service)」事業として,ウイルスだけでなく,コンテンツ・フィルタリングの技術などのアウトソーシング・サービスを提供する。URLでアクセスを制限するURLフィルタリングやメールなどの内容をチェックし遮断したりするコンテンツ・フィルタリングも提供。

今回,提携したサービス・プロバイダは,インターネットイニシアティブ,NTT-X,NTTコミュニケーションズ,データ・ステーションズ,ドリーム・トレイン・インターネット,ドリームネット,ニフティ,日本テレコム,NEC,日本ユニシス情報システム,日立製作所,ピーエスアイネット,松下電器産業。 (T.K.)