98年7月7日,米国発

オンライン媒体,米Wired Newsの記事によると,米Microsoft社米Macromedia社はWorld Wide Web Consortium (W3C)の新勧告「SMIL (Synchronized Multimedia Integration Language」に対応しない予定である。SMILは,ストリーミング・ビデオやオーディオ,テキストなどを同期させたWebコンテンツを記述するための言語。この2社がSMILに対応しないとする主な理由は,現在のDOM (Document Object Model), HTML 4.0CSS2を使うことでSMILの機能のほとんどをカバーできるからだという。