NTTは4月17日,NTT情報流通プラットフォーム研究所が開発した4種類の暗号技術の基本特許を無償提供すると発表した。無償提供するのは,共通カギ暗号方式である「Camellia」,公開カギ暗号方式である「EPOC」と「PSEC」,ディジタル署名方式である「ESIGN」である。このうちCamelliaは,三菱電機との共同開発だが,無償提供については三菱電機も了承しているという。

無償提供する暗号技術は,すでに同社のWebサイトや学会論文などを通じて公開している。しかし,これらのアルゴリズムや仕様に基づいてソフトウエアなどを実装し,利用するには特許料を支払う必要があった。今回の無償化によって,特許料を支払うことなく商用目的でも利用できるようになる。ただし,同社の実装技術は無償化の対象外。また,アルゴリズムを改変することも許していない。詳細な利用規約などは,近日中に同社のWebページで公開する計画である。

今回,無償提供に踏み切ったのは,RSAなどの無償暗号技術に対抗し,同社の暗号技術を普及させる狙いがある。代表的な公開カギ暗号方式である「RSA」は,2000年9月に特許が切れており,無償で利用できる。また,次期米国政府の標準暗号方式である「AES」は,使用権料などを要求しないことが条件となっている。こうした無償の暗号技術に対抗し,同社の技術を広く普及させるには,無償提供に踏み切る必要があると判断した。(H.J.)