スピードネットは4月26日,2.4GHz帯の無線LAN技術を利用したインターネット常時接続サービスを5月25日から提供すると発表した。伝送速度は最高1.5Mビット/秒のベスト・エフォート型。月額の利用料金は,インターネット接続料と機器使用料(アンテナと無線子機の使用料)を含めて4350円。初期費用として,標準工事費9900円と契約手数料3000円が必要となる。当初のサービス提供地域は,さいたま市の一部となっている。5月1日から同社のサイト上などで申し込みを受け付ける。

この無線サービスは,ユーザー宅に設置するアンテナと電柱に設置する基地局をIEEE802.11に準拠したFHSS(周波数ホッピング・スペクトラム拡散)方式で接続する。FHSS方式は,外部からのノイズに強く,基地局間の干渉も少ないという特徴がある。無線回線は基地局で集線し,東京電力の光ファイバ網と接続する。基地局からユーザー宅のアンテナまで電波が届く距離は,およそ300~500メートル。スピードネットは2002年5月までに約3000の基地局を設置する。

サービス地域は,既存のADSL(非対称ディジタル加入者回線)業者などのサービス地域と当面は重ならない住宅地を集中的に選択し,当該地域で広く普及を目指す。2001年9月にさいたま市の全域,2001年10月に杉並区と練馬区,2001年12月に東京都の市部(三鷹市,調布市,狛江市,小金井市,府中市,国分寺市,国立市),川崎市の一部(多摩区,宮前区,高津区),横浜市の一部(青葉区,都筑区,港北区,神奈川区,緑区,旭区,保土ヶ谷区),2002年2月に千葉県の船橋市,市川市,浦安市--に順次拡大していく予定。加入者数と売上高の見込みは,2001年度に3万5000人,8億6000万円,2002年度に10万人,28億5000万円,2003年度に16万人,40億5000万円。

同社では2001年夏にメタル・ケーブルを利用した有線サービスも提供する。ユーザー宅とノードをメタル・ケーブルで結び,ノードで集線して光ファイバ網と接続する通信形態。伝送速度は最高10Mビット/秒のベスト・エフォート型である。 (H.J.)