ネットベンチャーのオプト(東京都港区)は10月17日、住宅情報提供サイト「e-sumai」(http://www.e-sumai.com/)をリニューアルオープンし、マンション購入ユーザーに最低5万円をキャッシュバックするサービスを開始する。これまで「ぐるなび」のように、飲食店と提携してWebクーポン持参者へ料金割引などのサービスを提供する例はあったが、サイト運営者が一律に多額の金額をキャッシュバックするサービスは珍しい。

 具体的には、ユーザーはWebサイトにあるクーポンを印刷するかオプトにクーポンを請求して郵送してもらい、見学時に持参して分譲業者に渡す。成約した場合に限り、後日オプトから購入金額に応じて5万円以上が支払われる。オプトはe-sumaiに参加しているマンション業者からは固定料金を取っておらず、成約時に販売価格の1%の手数料を徴収している。今回は手数料の一部を顧客に支払う代わりに、成約件数の増加を狙う。

 オプトはe-sumaiを今年4月1日にスタートし、マンション分譲業者約40社と提携。首都圏内の物件情報を平均250件程度掲載していたが、合計50件ほどの成約数にとどまっていた。今回のリニューアルに際して参加業者を募った結果、提携先は82社、掲載物件数は1500件まで増加した。同社事業推進グループの海老根智仁グループリーダーは「2001年1年間で700件の成約が目標」と語る。(本間 康裕=日経ネットビジネス編集)