伊藤忠商事とステックワイアード(東京都渋谷区)は共同で,地図とネットを連動させた 広告企画「青山クチコミMAPリュクス」を5月29日に開始した。ステックワイアードが運営 する地域ポータルサイト「南青山ドットネット」(http://www.minamiaoyama.net/)のコンテ ンツをもとに,紙の地図とネットを連動させて店舗などの広告を行う。地図は,青山地区 の地下鉄駅やショッピングセンターなどで無料で配布しているほか,南青山ドットネット のサイトでダウンロードできる。

 システムは,インターネットナンバー(東京都新宿区)が開発した「インターネットナンバ ーシステム」を利用している。地図に掲載されている店舗ごとに,固有の番号がふられて いる。利用者がその番号を携帯電話やパソコンを通じてWebサイトで入力すると,その 店舗の口コミ情報や特典などを閲覧でき,店舗でサービスが受けられる仕組みになって いる。またネットを通じて,自分のプロフィールと地図に記載された固有の番号を入力す ると,プレゼントがもらえる仕掛けもある。

 以前,5万枚のスクラッチカードを配布して,実験的に同様のプレゼントキャンペーンを 実施した際には,Webサイトで番号を入力したユーザーは9.7%に達した。伊藤忠商事 は,今回の企画を最終実験と位置づけている。入力したユーザーの割合が10%を超え るようなら,掲載店舗から広告料金を徴収するなど本格的な事業として展開していく計 画だ。