チケット販売サイト「e+(イープラス)」を運営するエンタテインメントプラス(東京都品川区)とアラン(東京都港区)は、10月27日から一般公開される「第35回東京モーターショー」で、携帯電話のiモード画面にバーコードを表示させる電子チケットを導入した。両社は今後、この仕組みを他のイベントにも応用していく考えだ。

 チケットを購入するには「e+」への会員登録が必要で、パソコンから同サイトにアクセスする必要がある。決済手段としてクレジットカードか銀行振り込みを選ぶと、URLが記載された電子メールが、事前登録されたiモードのメールアドレスに送られる。指定されたURLにiモードでアクセスすると、携帯電話の画面にバーコードが表示され、それを入場ゲートでバーコードリーダーに読み込ませる仕組み。
 
 同じチケットで再入場されるのを防ぐため、バーコードでの入場は2カ所に限定した。入出場データはLANで共有され、同じ電子チケットでは再入場できない。会員登録した携帯電話とバーコード表示を行う携帯電話の端末IDを比較することで、別の携帯電話から同じバーコードを利用できないようにもした。
 
 これまでに「e+」経由で発行されたモーターショーのチケットのうち、電子チケットが全体の約4割を占めている。エンタテインメントプラスは「まだテストケースだが、最終的に数万人の利用があるのでは」とみている。
  

(瀧本 大輔=日経ネットビジネス)