テレビCM制作のティー・ワイ・オー(東京都品川区)とCMの企画を手がけるタグボード(東京都中央区)、俳優のキャスティングを手がけるパグポイント・ジャパン(東京都港区)は共同で、ブロードバンド向けのショートフィルム(短編映画)の制作に乗り出した。「SHORT STOP FILM」という映像レーベルを立ち上げ、ヤフーのポータルサイト「Yahoo! JAPAN」とブロードバンドポータル「Yahoo! BB」上で2月下旬から無料配信する。ショートフィルムはブロードバンド向けのキラーコンテンツとして期待が高まっている。テレビCM制作で実績のある3社が本格的に乗り出したことで、ブロードバンド向けショートフィルムの成否を占う試金石となりそうだ。

 配信するショートフィルムは15分間の作品で、2月下旬から2カ月に1作品のペースで順次提供していく。配信期間はそれぞれ1カ月程度に限定する。1作目は、突然しゃべり始めたカーナビとの会話を通じて、仕事も恋愛も思うように進まない女性が自分とは何かを見つめ直す「音声案内に従って走行してください」という作品。主演には人気女優の鈴木京香を起用し、監督はティー・ワイ・オーの北村拓司ディレクター、企画はタグボードの岡康道クリエイティブディレクターが担当した。

 2作目以降は協賛企業を募る方針で、有名映画監督による作品も制作する。配信後は数本のショートフィルムを収録したDVDの販売や映画館での上映などを行い、ネット配信以外からも収益を上げる。一方、配信を請け負うヤフーは、ショートフィルムの配信によりYahoo! BBのユーザー獲得につなげたい考えだ。ティー・ワイ・オーの柿本秀二常務は、「ショートフィルムは話題になっているが、まだ市場として確立していない。クオリティーの高い作品を作り、市場を開拓していく」と語る。

 ティー・ワイ・オーは年間約200本のテレビCMのほか、インターネット向けのコンテンツも手がける制作会社。タグボードは、岡氏ら電通出身のクリエーター4人が設立し、サントリーやJR東日本などのテレビCMの企画などを手がける。パグポイント・ジャパンは、映画やテレビCMなどのキャスティング会社で、宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」の声優のキャスティングなどを担当した実績がある。

(大竹 剛=日経ネットビジネス)