アルファ・オメガソフト(東京都港区)は、ブロードバンド利用者向けに韓国の人気映画を配信するサービスを始めた。韓国企業と提携し、2月14日にコンテンツ配信会社を設立。既に一部のADSLユーザーに限った試験サービスを始めており、3月からニフティ(東京都品川区)のポータルサイトを通じて有料配信する。

 配信するのは、韓国のネットコンテンツ企業アイコンメディア社(韓国ソウル市)が扱う人気映画で、「八月のクリスマス」「ユリョン」「接続/ザ・コンタクト」の3本。いずれも韓国では数年前に公開され、日本でもDVDなどが販売されている。これらの作品を3月14日から、ニフティのポータルサイトで有料配信する。2.5Mビット/秒のストリーミング形式で、料金は1本当たり300~500円になる見込み。これに先立ち、3月13日までADSL事業者のイー・アクセス(東京都港区)のユーザー向けに無料で試験配信している。
 
 アイコンメディア社は、人気映画「シュリ」で知られる映画監督カン・ジェギュ氏と映画俳優約20人が出資している映画のネット配信会社をはじめ、複数のネットコンテンツ企業が出資して2001年3月に設立された。アルファ・オメガソフトは、アイコンメディア社から映画のネット配信権を取得しており、1年後には映画やアニメなど計50~100本を配信する計画だ。

(瀧本 大輔=日経ネットビジネス)