NTT東西地域会社が2001年春の開始を目指す固定電話機を使ったインターネット接続サービス「Lモード」の是非について検討している情報通信審議会の電気通信事業部会は,2001年3月16日に条件付きでLモードの事業化を容認する答申を出す見通しだ。

 事業化を認める条件は,(1)インターネット・バックボーンに接続して情報検索や電子メールなどの機能を提供する「Lモード・ゲートウェイ」を設置した都道府県だけでサービスを提供する,(2)東西NTT以外の事業者がLモード網と接続して,独自のゲートウェイ機能(サービス)を提供できるようにする,(3)ゲートウェイを東西NTTと他事業者が共同で運営する---のいずれかを選択するということになる模様だ。