無料インターネット・サービス・プロバイダ(ISP)のライブドア(本社:東京都港区,会長:前刀禎明氏)は2001年7月2日,クレディセゾンやシマンテックなど10社の協賛を得て,企業のWebサービスの認知度向上などを目的とする新しいインターネット広告の有効性を検証するための共同プロジェクト「One-Click Contact」を,7月1日に開始したと発表した。同プロジェクトは2001年12月31日まで継続する。

 One-Click Contactでは,ライブドアが専用のインターネット接続用ソフトを同社の会員ユーザーに配布する。会員がインターネットを利用すると,協賛企業のロゴや製品のデザインなどを反映したリンクボタンが専用ソフトのツール・バーに表示され,ユーザーがリンクボタンをクリックすると企業のWebサイトに接続される仕組みである。今回のプロジェクトでは,こうした広告がどの程度の効果を上げるかを検証する(7月2日発表)。