NTT(持ち株会社)とNTT西日本は2001年7月23日,「つながり感通信」の実証実験を2001年7月末に富山県山田村で開始すると発表した。つながり感通信とはNTT生活環境研究所が提案している新しい概念で,離れた場所にいる人間の動作などを専用端末経由で伝えるものである。

 今回の実験では,数十本の光ファイバを束ねた表示部を持つ「Family Player」と呼ぶ通信端末を使う。端末には熱源センサーや距離センサーが搭載してあり,熱源センサーによって人間の存在感を光で伝え,距離センサーによって人間の移動速度を光ファイバの動きで伝える。さらに,端末に触れたことを音で伝えることもできる。山田村の住人と村から離れて暮らす家族の双方に端末を使ってもらい,離れた場所にいる家族の生活に与える効果を検証する。具体的には,安心感や幸福感が生まれることなどを期待しているという。

日経ニューメディアのホームページへ