アクセスとNECマイコンテクノロジーは2001年10月9日,情報通信機器間の短距離無線伝送方式「Bluetooth」に対応したNEC製のベースバンド用LSI「μPD72501」と,アクセス製のプロトコル・スタック「AVE-Blue」を組み合わせて利用する際のサポート業務を開始したと発表した。具体的には情報通信機器メーカーを対象に,インテグレーション・サービスなどを行う。NECのμPD72501は世界最小クラスのLSIであり,移動電話機や携帯型情報端末などへの適用が見込まれている。このLSIと組み込み機器用ソフトで高い市場シェアを持つアクセスのプロトコル・スタックを組み合わせることで,両社は情報通信機器メーカーへの自社製品の提供を推進する狙いである。

 AVE-Blueは「Bluetooth v1.1」という標準仕様に対応したプロトコルであり,アクセスが提供している携帯型情報機器向けのブラウザ・ソフト「NetFront」と連動させて利用できる。具体的にはBluetooth機能を搭載した端末間で,NetFrontによる無線LANを構築したり,電話帳や電子メールなどのデータを交換することが可能になる(10月9日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ