東経110度CS放送の開始時期を巡り,スカイパーフェクト・コミュニケーションズ陣営が依然として揺れている。東経110度CS放送に参入する18社の委託放送事業者のうち,11社がスカイパーフェクトのプラットフォームを利用する。こうした委託放送事業者や,委託放送事業者に番組を供給する会社の多くが,「各社が足並みをそろえなければ,放送は開始できない」という。「一部の事業者だけで始めても効果的に宣伝できず,番組パックの料金も設定しにくい」としている。スカイパーフェクトは「2002年3月に無料放送を,5月に有料放送を開始できる体制を整える」と明言しているが,「一斉開始」に向けた各社の足並みはそろっていない。


 各社の話を総合すると,「多くの視聴者が見込めないにもかかわらず,衛星などの利用コストだけはかさむ。事業性を考慮すれば,急いで放送を開始する必要はない」という姿勢がうかがえる(詳細は日経ニューメディア2001年12月10日号に掲載)。


日経ニューメディアのホームページへ