PR

 コンパックコンピュータとKDDI,CSK-Netは2001年12月19日,法人向けのモバイル・コンピューティング事業で提携したと発表した。提携の第一弾として3社は,韓国Witnetが提供するソフトウエアを使い,携帯型情報端末から携帯電話のインターネット接続サービスを経由して,企業内のパソコンを操作できるシステム「Mobilickソリューション」の販売を開始した。


 販売を開始したシステムは,コンパックが提供するPocket PC対応の携帯型情報端末(PDA)のほか, PDAと企業内のパソコン向けにWitnetが提供するMobilick用ソフトウエアや,CSK-Netが提供するMobilick対応サーバーのASPサービス,KDDIが提供する携帯電話サービス「au」を組み合わせたものである。3社の提携によってWitnetを含む4社のうちいずれか1社に申し込めば,すべての製品の購入とサービスの契約ができる(12月19日発表)。


日経ニューメディアのホームページへ