PR

 日立製作所と日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2002年1月21日,NTT東西地域会社の「フリーダイヤル」(着信者課金サービス)など電話会社が提供する付加サービスを高度化するためのサーバー・ソフトと同ソフトを使ったシステムの販売などで提携し,2月1日にサービスを開始すると発表した。日本HPが開発したサーバー・ソフト「hp opencall」の販売と,同ソフトを使ったシステムの構築・販売は日立が担当する。日本HPは日立の要請に基づいて,ソフトのカスタマイズなどを行う。2002~2004年度の3年間で,350億円の売り上げを目指している。

 電話会社がhp opencallを利用したシステムを自社の電話網に導入すると,例えばフリーダイヤルの接続先をユーザー企業がインターネットを通じて自由に変更することなどできる。電話会社がこうしたシステムを導入せずに同様のサービスを提供するには,市内交換機の設定変更作業などに時間がかかるという問題がある。またhp opencallを利用した今回のシステムを利用すると,企業のコールセンターの着信を自動制御して負荷分散を行うサービスも提供できる(1月21日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ