PR

 NTTエムイー(NTT-ME)と全国朝日放送(テレビ朝日),ソフトバンク・コマース,インターネットなどを使った遠隔教育(eラーニング)ベンチャーのレイル(本社:東京都豊島区,社長:須古勝志氏)は2002年1月22日,eラーニング用コンテンツの開発と販売で提携し,2002年4月にサービスを始めると発表した。既存の教材所有者からの依頼を受けてレイルがコンテンツをeラーニング用に編集して一括管理し,そのコンテンツをNTT-MEとソフトバンク・コマースが企業や学校などに販売する営業活動を行う。コンテンツの販売には,NTT-MEが所有する光ファイバを使ったIP伝送サービス「XePhion」のほか,テレビ朝日自身が参入するディジタル地上波放送や,子会社を通じて参入する東経110度CS放送などのネットワークを使う。

 4社は今回のサービスによって,既存の教材所有者がeラーニングに参入するためのコンテンツ開発や販売のコストを削減できるとみている。eラーニングへの参入リスクを軽減することでコンテンツとユーザーの量的拡大を図り,NTT-MEはXePhionの利用者拡大に,テレビ朝日はディジタル地上波放送と東経110度CS放送の視聴者拡大につなげたい考えだ(1月22日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ