インターネットイニシアティブ(IIJ,本社:東京都千代田区,社長:鈴木幸一氏)は2002年2月12日,ブロードバンド(高速大容量)通信に対応したコンテンツ配信ネットワーク(CDN)事業を,4月に開始すると発表した。具体的にはIIJが,全国9カ所のデータセンターとNTT東西地域会社の「地域IP網」やIIJのケーブルテレビ(CATV)局向け高速網「HSMN」(ハイスピード・メディア・ネットワーク)などを接続した「CDNプラットフォーム」を構築し,コンテンツ提供者などに対して顧客管理やコンテンツ管理,課金・決済などの機能を提供する。そのうえで東西NTTの高速アクセス・サービス「フレッツ」シリーズやCATVインターネットのユーザーなどに対して,CDNプラットフォーム上のコンテンツを直接利用できるサービスを提供する。

 新事業は4月に,東西NTTの3地域(東京,愛知,大阪)の地域IP網と,HSMNを利用している30社のCATV網を接続して開始する。2002年12月には,東西NTTのすべての地域IP網とHSMNを利用する約100社のCATV網,そのほかのブロードバンド網とも接続する計画である。また今回の新事業では,IIJがCATV局などと共同で2002年3月末まで行う予定の実験プロジェクト「CDN JAPAN」で提供されているコンテンツ配信サービスも,継続して提供する予定である(2月12日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ