東経110度CS放送が始まった2002年3月1日に合わせて,東経110度CS放送とディジタルBS放送の共用受信機(外付けチューナーとチューナー内蔵テレビなど)が量販店の店頭に並び始めた。東京・秋葉原の電気街では,共用の外付けチューナーが約7万円で売られている。その価格について東経110度CS放送の関係者は一様に,「妥当な水準だ」と胸をなでおろす。ディジタルBS放送が始まった2000年12月ごろのディジタルBS放送用受信機の価格に比べると,大幅に安いからだ(詳細は日経ニューメディア2002年3月18日号に掲載)。


日経ニューメディアのホームページへ