NTT東西地域会社は2002年3月25日,ADSL(非対称ディジタル加入者線)事業者に東西NTTの局舎スペースを公平に割り当てられるようにするための「コロケーション手続き」の変更を,総務相に認可申請したと発表した。ADSL事業者は,東西NTTから借りた局舎スペースにADSL機器を設置(コロケーョン)して,サービスを提供している。しかし,ADSLサービスの普及に伴って一部の局舎でスペースが不足しているため,東西NTTはより多くの事業者にスペースが公平に行きわたるように変更申請を行うことにした。具体的には,局舎の空きスペースが一定以下になった場合に,その後に割り当てる1社当たりのスペースに上限を設ける。また,他事業者に対して以前から公開しているスペースやMDF(主配線盤)端子の空き情報に加えて,利用できる電力設備の状況についても公開するとした(3月25日発表)。


日経ニューメディアのホームページへ