ソフトバンク・グループは2002年4月24日,全国の学校(小・中・高等学校と大学)や図書館,公民館などを対象に,ADSL(非対称ディジタル加入者線)インターネットやIP電話サービスなどを6年間無料で提供すると発表した。対象となる施設1カ所に2回線程度のADSL回線を引き込み,最大伝送速度が11Mb/sの無線LANシステム(IEEE802.11b方式)を設置して,無線LAN経由でパソコンなどからインターネットに接続できるようにする。6月下旬以降に複数の都道府県で実験を開始し,2002年夏をメドに全国でサービスを開始する予定である。全国で7万カ所,ADSL回線数で14万~15万回線の提供を見込んでいる。

 今回の無料サービスは,ソフトバンク・グループが手がける通信サービスの6年間の使用権と必要な通信機器を,学校などに寄付する形で実現する。ADSLインターネットの「Yahoo! BB」,IP電話の「BB Phone」(4月25日に商用サービス開始),無線LANインターネットの「Yahoo! BBモバイル」(4月下旬に実験開始)の三つのサービスが対象となり,ADSLモデムやIP電話アダプタ,無線LAN基地局などの設備を無料で提供する(4月24日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ