ディジタルCS放送「SKY PerfecTV!」を運営するスカイパーフェクト・コミュニケーションズは2002年5月23日,2001年度(2002年3月期)決算を発表した。連結ベースの売上高は前年度比22.1%増の594億3200万円,経常損益は119億100万円の赤字だった。経常損益の赤字幅は,前年度よりも124億円縮小した。ディレク・ティービーが運営する「DIRECTV JAPAN」の視聴者をSKY PerfecTV!に移行させるために必要だった2000年度の費用が,2001年度は不要となったことが主な縮小要因である。単体ベースの売上高は前年度比で20.2%増の583億9600万円,経常赤字は前年より赤字幅が123億7900万円縮小して115億3400万円となった。

 2002年度の連結ベースの収支は売上高が前年度比で21.1%増の720億円,経常損益は250億円の赤字になると予想する。赤字が拡大する主な要因は,サッカー「2002 FIFAワールドカップ(W杯)」を放送するための放映権料や制作費,宣伝費などの費用を合計で約170億円計上するからである。一方でW杯の効果によって20万件の新規加入を見込んでおり,加入者獲得目標を達成できそうだとしている(5月23日発表)。■

日経ニューメディアのホームページへ