NTT東日本は,無線LAN技術を使った高速アクセス・サービス(無線LANサービス)を手がける全額出資会社「NTTブロードバンドプラットフォーム」(NTT-BP)を2002年7月15日に設立した。新会社はNTT東日本が東京・渋谷地区で2001年に実施した無線LANの実験サービス「Biportable」で得られたノウハウを生かし,主に首都圏の駅や駅周辺での事業化を検討する。まず京王電鉄と京浜急行電鉄の私鉄2社と提携して,8月に試験サービスを開始する。試験サービスを経て2002年秋にも,商用サービスに移行したい考えである。

 一方,NTT東日本の子会社である「NTTエムイー」(NTT-ME)も2002年7月1日に,富士ゼロックスやエーエム・ピーエム・ジャパン(am/pmジャパン)などと共同で無線LANサービスを今秋にも開始すると発表した。これに対してNTT-BPは,「NTT-MEとは同じグループ会社でもあり,サービスの相互乗り入れを行うことで,どちらのサービスのユーザーでも同じ基地局を使えるようする。無駄なところでは競争しない」とした(詳細は日経ニューメディア2002年7月22日号に掲載)。

日経ニューメディアのホームページへ